お知らせ

 

CarSim を用いたADAS 車両制御開発シミュレーション環境構築セミナー
詳しくはこちらをご覧ください

 

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2016 に出展致します。割引コードは AJVMC16 です。
割引コード:AJVMC16 

 

車両運動力学の基礎&車両運動制御トレーニング講座 

この度、車両開発実務者向けに 本年6月から「車両運動力学の基礎」トレーニング講座を開講致します。日本の自動車業界では、中堅技術者向けの教育が OJT で行われているのが一般的で、以前から実務遂行を目的としたコースが必要と考えていました。本講座は中堅技術者を目指す方々が車両開発プロセスを俯瞰的に理解することが出来る全6回の講座となっております。また、8月の開講を目指しまして、車両運動制御を包括的に解説する「車両運動制御」の開催準備を進めています。

詳しくはこちらをご覧ください

 

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 人とくるまのテクノロジー展2016 名古屋

今年も出展します!

詳しくはこちらをご覧ください

 

   VehicleSim2016

2015年12月16日にCarSim TruckSim BikeSim の新しいバージョンがリリースされました。

*新機能&機能向上*

車両モデル
 ステアリングモデルと外部モデルとの部分連成【CarSim】
 トーション(ツイスト)ビームサスペンションのメニュー画面拡張【CarSim】
 九つの車両モデルを追加【TruckSim】
ADAS
 緊急ブレーキ・車線逸脱等ADAS事例の追加
 オブジェクトセンサーオプションの機能拡張
 白線/オブジェクト検知用エミュレーション画像データの出力
路面&GPS
 クロソイド曲線による路面・パス生成のサポート
 GPSデータの取り込み
 複合路面走行時のタイヤ接地計算の精度向上
インターフェース
 Excel/MATLABファイルへの状態量出力の改善(コピー&ペースト)
 Visualizerのスタンドアローン実行(ライセンスフリー)
 タイヤモデルインターフェースの改善【CarSim/TruckSim】
 DS1006(dSPACE社)上でのMF-Tyre/MF-Swift 7.0 連成に対応【CarSim】
 FMI(Functional Mock-up Interface)ver1.0 /2.0への対応
 VSコマンドの改善

 CarSim_2016_ADAS

 

価格改定のお知らせ

2016年1月よりライセンス価格が改定されます

詳しくは価格改定のお知らせをご覧ください