ドライビングシミュレータ・Driving Simulator

CarSim /TruckSim の車両モデルは高速かつ安定して車両挙動を模擬できることから、数多くの研究開発用ドライビングシミュレータへの採用実績がございます。
 ドライビングシミュレータを導入することで車両開発期間の短縮による開発費削減やドライバーの負荷軽減、実車では困難な走行環境・条件での試験も可能となります。更に、ドライビングシミュレータをデモンストレーションに活用することでイメージの向上も期待できます。
 また近年、ADAS/ITSの機能開発用に各種センサーやカメラ画像入力などの多様な入力情報、ヒューマンインターフェース等を考慮したドライビングシミュレータの採用が進んでいます。
 弊社では様々なお客様の状況に対応し、240万円台〜 の低価格で実現できる簡易ドライビングシミュレータから、ハイエンドなモーション付きのドライビングシミュレータまで、ニーズに合わせた最適なドライビングシミュレータ・システムのご提案が可能です。

画像_DS正面_2016.png

Driving Simulatorウィンドウ

ドライバービューとメーター類のアニメーションを表示する事ができます。
また、走行路面や建物・信号機等のオブジェクトは任意に作成・配置することができ、対向車・併走車等の交通流シナリオも設定することが可能です。

テストコース_2016 路面景観
インストールされるテストコース
(CarSimDS/TruckSimDS)

 
路面 / 景観カスタマイズ

 

20170314103947.jpeg

米国ミシガン大学にあるADAS・自動運転車用の走行実験施設 Mcity (CarSimDS/TruckSimDS)   

 

      簡易版ドライビングシミュレータ製品紹介
    中規模ドライビングシミュレータ事例紹介
    大規模ドライビングシミュレータ事例紹介
    ドライビングシミュレータ構築事例
    簡易ドライビングシミュレータ概要