CarSim内蔵ハイエンド ドライビングシミュレータ

CarSimは、大型モーション装置や大型スクリーンを持つハイエンドなドライビングシミュレータに内蔵する車両運動モデルとして数多くの採用実績があります。 CarSimの標準版、又はRT版が使われ、CarSim車両モデルとの接続、画像処理、モーション制御はCarSim外の別ソフトで行います。 TruckSimやBikeSimも同様です。 

 

トヨタ自動車株式会社様の活用事例:

予防安全技術開発用大型ドライビングシミュレータ
トヨタ自動車株式会社東富士研究所様では、限りなく実走行に近い試験環境を追求した世界最高レベルのドライビングシミュレータを開発し、予防安全技術の開発を推進されています。その中の車両運動シミュレーションモデルはCarSimが採用されています。ドライバーは、直径7.1mのドーム内に設置された実車に搭乗し、ドーム内の球面スクリーン全体(360度)に映し出される映像に合わせて運転操作を行います。その際ドームは、縦35m・横20mの世界最大級の範囲で移動することで、右左折時を始めとした様々な運転パターンにおいて、走行時の速度感、加減速感、乗り心地を忠実に模擬します。詳しくは、
トヨタ自動車様のホームページをご覧ください。

大型ドライビングシミュレータ
大型ドライビングシミュレータ


なお、モーション装置はMTS社製、ドーム部を含む画像処理装置は三菱プレシジョン社製で、富士通テン社製のリアルタイムシステムCRAMASにCarSimのRT版を入れて、CarSimの車両運動モデルを組み込んでいます。

先頭へ戻る