三菱電機製モービルマッピングシステムを利用した路面データ作成


MMSムービー
ムービーはこちら (Windows Media Player:WMV形式)
     【右クリック ↑ するとファイルをダウンロード出来ます】

  三菱電機株式会社が開発しましたモービルマッピングシステム(MMS)による高精度三次元地図計測データを利用した路面作成事例をアイサンテクノロジー株式会社に協力頂き作成を致しました。
 車両に搭載されたGPSとレーザースキャナー&カメラにより道路を走行しながら計測することが出来ます。距離・曲率・勾配・高さ・バンク等のデータを取得することが可能です。取得された三次元路面データを編集後、CarSim/TruckSimのXYZ入力機能により、容易にリアルな路面データを再現することが出来、車両運動解析に利用することが出来ます。

MMS_XYZ.jpg
XYZ入力機能

三菱電機モービルマッピングシステムについて こちら
アイサンテクノロジー株式会社の事例 こちら
本件に関するお問い合せはこちら

トピックスの先頭に戻る