米国GM社によるFMVSS-126(ECE R13-H)適用事例

米国GM社によるFMVSS-126(ECE R13-H)適用事例

 米国ゼネラルモーターズ社では車両シャシの性能評価試験に於いて、早くからCarSimを使ったラボ試験を行ってきました。この度、性能試験を担当している Ric Mousseau氏から適用事例の紹介がありましたので報告致します。

GMでは、車の安全性と性能を最大化しつつ、試験車両のコスト低減のあらゆる可能性を検討しました。車両運動シミュレーションの能力は、実車試験の一部を置き換えられる信頼レベルに達しています。世界に散らばる GM の複数の施設で、技術者が Mechanical Simulation の「CarSim」と呼ばれる製品を広範囲に渡る車両開発と試験業務に使っています。シミュレーションが、「コスト低減、品質改善、開発期間短縮」の機会を提供します。車両走行はラボに置かれたコンピュータが実行し、技術者達は試験車両が完成する数ヶ月も前にシステム性能を評価する事が出来ます。
・・・詳細は
こちら (PDF:585KB)

本件に関するお問い合わせはこちら

トピックスの先頭に戻る