VMCユーザ会2010アブストラクト メカニカルシミュレーション社 

発表テーマ名:
 Extending the powertrain model with engine mounts and an AVL Cruise interface.

発表者:
 メカニカルシミュレーション社 渡辺幸雄

アブストラクト:
 駆動系は、単に車両の動力源のみならず、車両運動に大きな影響を及ぼすパーツの一つです。特に近年では、環境問題とも絡み、電気自動車、ハイブリッドなどの多種のシステムが見直され、車両運動性能を考慮した駆動システムの研究が盛んに行われてきています。そこで、CarSimが駆動系分野で役立てるように、2つの機能拡張を行いました。
 一つは、エンジンマウントモデルです。エンジン(+トランスミッション)は、ボディと独立して運動するため、より詳細な車両運動解析のために含める事ができます。本モデルは、エンジンを支持するマウントの数とトルクロッドを詳細に設定でき、各種の駆動システムに従って、駆動反力の受け方を選別できます。 
 二つ目は、詳細な駆動系モデルを提供する外部ソフトウェア、AVL社製Cruiseとのインターフェースです。API技術の導入により、CarSim車両モデルとCruise駆動系モデルは、シミュレーション中にお互いに交信します。簡単なコ・シミュレーションの事例をご紹介いたします。

ユーザ会プログラムに戻る