VMCユーザ会2010アブストラクト  株式会社バーチャルメカニクス

発表テーマ名:
 進化し続けるVehicleSim製品群 【新機能・改良点・拡張機能・ノウハウ】

発表者:
 株式会社バーチャルメカニクス 滝田 栄治 

アブストラクト:
 CarSim/TruckSim/BikeSim は、バージョンアップを重ねるごとにモデルの改善はもちろんツールとしての機能についても様々な向上を図ってきました。VehicleSim製品群が持つ多彩な機能組み合わせる事でより強力なツールとしてご利用き、その能力を最大限に引き出すノウハウ、テクニックをご紹介します。 

<モデル改善>
旧バージョンからの改善点の説明および最新バージョンをお使いいただくことによるメリットを説明します。 

<拡張機能>
EventERD ConverterVS CommandCOM Interface といった代表的な拡張機能や制御開発の必須ツールMATLAB/Simulink および Hardware In the Loop System への応用について説明します。 

<便利機能>
VechicleSim Browserで操作できる様々な機能や使い方のノウハウを説明します。
例:データベース管理、暗号化、路面作成、CulculatorBatch matrixBatch run ・・・などなど

<使い方ノウハウ>
データセットを構築するときのノウハウや拡張機能の具体的な使用例を交えて業務改善のヒントを説明します。
Procedure 画面の解説と使い方
画面設定とソルバーの関係
右クリック、ParsfileEcho file を関連付けた使い方のノウハウ
座標系のいろいろ(絶対、中間、車両、ホイール、地面、センサー)
入出力ポート表見方、使い方
・・・・などなど

その他 VS Command を使った拡張機能の複合利用なども紹介します。

ユーザ会プログラムに戻る