VMCユーザ会2012アブストラクト ヤマハ発動機株式会社様

発表テーマ名:
 BikeSimを用いたライディングシミュレータの開発

発表者:
 ヤマハ発動機株式会社様

アブストラクト:
 ヤマハ発動機ではライディングシミュレータの開発を行っている。構成としては日本大学景山・栗谷川研究室のライディングシミュレータを参考としており、ステアリング・ロール・ピッチの3軸がアクチュエータで可動するモーションベースと水平視野角180度の半円筒スクリーンを用いている。車両挙動の計算についてはこれまで独自の車両運動モデルを用いていたが、車体系のモデル化だけでなくエンジン・駆動系・制動系等のモデル化が必要となることに加え、走行環境構築や計算速度などに課題があった。そこで今回、二輪車の車両運動シミュレーションソフトとして広く用いられているBikeSimの導入を行った。結果、モデル作成やパラメータ変更にかかる時間・手間が大幅に削減された。また、車両挙動のリアリティも十分高くライディングシミュレータとしての完成度も向上した。

ユーザ会プログラムに戻る