VMCユーザ会2012アブストラクト 富士重工業株式会社様

発表テーマ名:
 CarSimによる車両運動シミュレーションの活用と将来への期待

発表者:
 富士重工業株式会社様

アブストラクト:
 車両の操縦安定性を開発していく上で、CarSimは欠くことのできない有効なツールとして定着している。構想段階での総合的な目標設定や各コンポーネント性能への落し込みだけでなく、そのリアルタイム性を生かし、ESC認証に代表される性能検証にも活用されている。
これに伴い、CarSimの機能拡張や社内データベースの整備も進み、操縦安定性やサスペンションの理論的な専門知識が無くても解析結果を容易に得られるようにはなった。しかし、より深い性能の造り込みや、特殊環境の模擬、新機能の創造にはCarSimのベースになっている車両運動理論の理解が不可欠であり、そのモチベーションを高めてもらう取り組み等も改めて考えてみたい。(会場でのご意見募集)

ユーザ会プログラムに戻る