VMCユーザ会2012アブストラクト 日産自動車株式会社様

発表テーマ名:
 車両運動性能制御シミュレーション技術の現状と将来展望

発表者:
 日産自動車株式会社様

アブストラクト:
 HILSは、従来は車両運動性能より、制御システムが仕様通り作動するかという、信頼性確認に主眼を置いて用いられてきた。しかし、車両運動モデルや負荷装置の進歩に伴い、性能予測そのものにも使えるレベルとなりつつある。またシステム構成要素のモデリング技術も進み、HILS/SILSを開発フェーズによって任意に使い分けることも可能となってきた。本発表では、ブレーキやステアリングに加え、新しくITSへ性能予測を適用した事例も交えて紹介する。また、性能予測から性能評価へ発展させるための技術展望について、構想を紹介する。

ユーザ会プログラムに戻る