代表挨拶

社長挨拶_Ps.jpg

当社は1999年創業以来、車両運動シミュレーションソフトウエア(VehicleSim製品)の販売を中心に、シミュレーション及びその周辺技術の提供に携わってまいりました。

2015年4月の事業拡大に伴う組織改編では、車両運動シミュレーションに特化した製品及びサポートを提供できる環境を実現するに至りました。

 

シミュレーション技術は利用目的に準じて想定される様々な前提条件の上に成り立っている事を理解し、最適な運用を行う事で実車による試験を格段に減らし、開発効率を飛躍的に高める事ができる強力なツールになります。

 

当社が提供いたしますVehicleSim製品は米国Mechanical Simulation 社で開発製品化され、主に自動車開発における車両運動性能評価、車両モーション制御の分野においてプラントモデルとして多くのエンジニアにご利用頂いております。

 

ご存じの通り、車両モーション制御はABSに始まり、ステアリング、サスペンション、駆動制御と多岐に広がりを持つ予防安全の主要技術と言えます。

また、近年ではADAS(先進運転支援システム)、自律走行といった分野においても精度の高い車両運動プラントモデルが必要とされ、関心が高まると共にVehecleSim製品の利用が拡大しています。

 

当社は製品の提供のみにとどまらず、「エンジニア本来の姿は、技術的な裏付けを伴ってストレスなく効率的に設計業務に邁進することである」という考えのもと、皆様が安心して笑顔で業務に取り組んでいただけるよう、迅速かつわかりやすいサポートを目指しています。

 

また、微力ながら自動車開発に携わるエンジニアの皆さまの基礎知識の向上に貢献すべく、車両運動力学を学んでいただけるセミナー活動を今後も継続的に実施してまいります。

 

エンジニアの皆さまの求める「方向(やりたい事)」、「長さ(性能、規模)」、「速度(タイミング、スケジュール)」に迅速な対応ができる組織作りを推進し、長年培った信頼を深めるとともに新しい分野への広がりを積極的に進め、より一層自動車業界の発展に貢献してまいる所存です。

  

2016年1月
株式会社バーチャルメカニクス
代表取締役社長 滝田栄治