ADAS and Autonomous Vehicle 車両制御開発

 CarSim/TruckSim/BikeSimは、高精度な車両モデルによる車両挙動や周辺車両の交通流をシミュレーションする事が出来ます。
 これにセンサー機能を追加することで、他車両や歩行者等のオブジェクト(物標)を検知し、相対情報をセンサー値として制御モデルへ入力する事や、アニメーションを映像処理システム用に変換する事が可能です。
 高精度な車両モデルと各種機能との併用により、緊急自動ブレーキや自律型自動運転(Autonomous Vehicle)などの車両挙動制御アルゴリズムの開発をよりハイクオリティかつローコストで実現します。

シナリオ生成機能

走行マヌーバ設定
高速道路走行・市街地走行・Euro NCAP

オブジェクト設定
車両・自転車・歩行者・建物等のオブジェクトを描画可能。道路に沿っての追従走行や、位置・方向・速度を任意で設定し移動させることが可能。

交差点左折
交差点左折
交差点出会い頭シナリオ
交差点出会い頭
車線規制
車線規制
車庫入れシナリオ
車庫入れ

事例はこちら (YouTubeにリンクします)

 

センサー機能
オブジェクトセンサー(オプション)

   ・センサー搭載車両とオブジェクト間の相対的な情報を取得(距離、角度、幅etc)
 ・最大20個までのセンサーを設置可能
 ・最大99個のオブジェクトをIDにより個別検知
 ・センサー検知感度・範囲の設定が可能

カメラセンサー(オプション)

 ・RGB /距離/面法線ベクトルの取得( MATLAB/Simulink)

 

sens01.png 検知イメージ

 

画像処理事例1 画像処理事例2 画像処理事例3

RGB /距離/面法線ベクトルの取得( MATLAB/Simulink)

 

 適用事例

自動車間制御(ACC) 車線逸脱警報(LDW)レーンキープアシスト(LKA) 自動緊急ブレーキ(AEB) 死角検知(BSD)
自動車間制御(ACC) 車線逸脱警報(LDW)
レーンキープアシスト(LKA)
自動緊急ブレーキ(AEB) 死角検知(BSD)

 

摘要プロセス

CarSim/TruckSim/BikeSimは、ADAS開発における車両挙動検証をMILS/SILS環境で行うことが可能です。
また、同じモデルをHILSで実装することで、実ECUのロジック検証でも高精度なテストを実現することが出来ます

MBD
MBD
Driving Simulator
Driving Simulator
HILS
HILS