2016.11.22 バーチャルメカニクスの思い...

バーチャルメカニクスの滝田です。

11/2に弊社主催の CarSim/TruckSim/BikeSim User Conference 2016を開催致しました。
大変多くのユーザー様にご出席いただき、無事全日程を終了する事が出来ました。


多くのパートナー企業様にも、多大なるご協力をいただきました事、とても感謝しております。
皆様、本当にありがとうございました。

少し日は経ってしまいましたが、主催者を代表してオープニングでご挨拶させていただいた内容を振り返り、私どもバーチャルメカニクスの思いを今一度お伝えしたいと思います。

バーチャルメカニクスはVehcleSim製品を単に提供するだけではなくお客様であるエンジニアの皆さんが安心して笑顔で研究開発業務に取り組んでいただける環境を提供する事が使命と考えております。

ご出席頂いた皆様同士は、「製品」という視点ではライバル関係になる事は避けられませんが、エンジニアとしては「より良い製品を世の中に出したい」と言う思いは同じと思います。

ユーザーカンファレンスという場所は、同じエンジニアとしてユーザー様同士、親交を深め、熱い思いをぶつけあっていただける場にしたいと考えております。

同じ思いを持ったエンジニア同士で思いをぶつけ合う事で、新たなブレークスルーが生まれるに違いありません。

会社間の垣根を越えて、皆様の未来の扉を開く一助となれればと思います。

みなさまのおかげで懇親会も大いに盛り上がり、多くの方々が親交を深めていただいたようで、少しはお役に立てたのではないかと感じています。

user-cunffence2016-1.png
また、新しいロゴについても挨拶の中で紹介させて頂きました。

新しいロゴの赤い点は今にも動き出しそうな運動モデルを表しています。
赤い点が縦横無尽に動き出し「皆様のところへシミュレーション技術で、研究開発業務に貢献する」という思いを届けるという意味を持っています。

私どものスタッフが皆様のところへお邪魔した時は、この点が来たな、と思ってやってください。

これからも、皆様により良い環境を提供するために尽力してまいります。
今後ともバーチャルメカニクスをよろしくお願い致します。