2017.11.21 近畿大学工業高等専門学校 武馬教授の研究室を訪問しました。

バーチャルメカニクスの滝田です。

11月16日に近畿大学工業高等専門学校の武馬教授、後藤教授の研究室を訪問しました。こちらの研究室ではCarSim DSを複数ご利用頂き研究、教育にご活用頂いています。


研究室内に設置された、モーション付きローリングシミュレータで実際にCarSim DSと連動し挙動解析を実施されている様子を拝見する事が出来ました。
実はこのローリングシミュレータ、以前訪問し時はまだ構築の真っ最中でした。見事に完成し研究に活用されている様子を拝見できてとてもうれしくなりました。

ローリングシミュレータ.JPG

 

もう一点興味を惹かれたのが、研究と言うよりは教育的な取り組みとしてCarSimによる空飛ぶ車の研究でした。
タイヤ力が車体にどのように影響するかを物理的な現象として理解するために、シミュレーションを活用されているよい教材であると感心しました。

空飛ぶ車.JPG

 

今回の訪問で未来の自動車業界を支える若きエンジニアが育っていく姿を見る事ができ大変有意義でした。

記念撮影.JPG

今、卒業研究の真っ盛りと言う事で皆さんお忙し中ご対応頂きましてありがとうございました。