2018.6.8 5月上旬にメカニカルシミュレーション社を訪問しました

セールスグループの溝口です。

5/8から5/13までの約1週間、CarSimの開発元であるメカニカルシミュレーション社を訪問しました。

名古屋―デトロイト間の片道フライトが13時間など移動は大変でした。

MSC訪問記_01.png


前半の5/8、5/9は“2018 VehicleSim User Conference”が開催されており、開発者マイク・セイヤー氏によるVehicleSimの最新情報や米OEM様の事例発表、パートナー様の発表と充実した内容でした。


MSC訪問記_02.jpg

 

実路面モデル計測サービスで弊社とも頻繁にやり取りしているAtlatec社のHeninng氏(CEO)の発表および展示はとても注目を浴びていた印象を受けました。

イベントの最終日の昼食では集合写真も撮影しました。

 

MSC訪問記_03.jpg

 

後半の5/10、5/11はエージェントトレーニングでは世界各国のビジネスパートナーが集い、有意義な情報交換を行いました。

日本市場への注目度は非常に高いことを改めて確認する良い機会になりました。
今後さらに、日本からの改善・要望を発信して、VehicleSimの機能の向上や追加が加速できればと存じます。

 

今回の訪問を通して、世界的な動向も踏まえて、ADASや自動運転の開発も視野にVehicleSimの更なる機能拡張する展望も確認することができました。

 

余談ではありますが、米本土へは、初めての訪問で、カルチャーや気候の違いなど普段では味わえない刺激を得られました。

また、到着の2週間前には雪が降り、昼間は暖かく、夜は寒いという気温の上下が激しい時期でしたが、

メカニカルシミュレーション社の心優しいスタッフの方々にサポートしていただきとても快適な訪問でした。

是非、また訪問したいです。