ライセンス形態・販売形態について

◆ライセンス形態

 ■USBドングルキーライセンス(シングルライセンス)
   ・複数のPCへのソフトウエアインストールが可能。
   ・USBドングルキーを挿したPCでのみ起動が可能。
 ■ネットワークライセンス(フローティングライセンス) 【オプション】
   ・複数のPCへのソフトウエアインストールが可能。
   ・ライセンスサーバーからライセンスを掴んだPCでのみ起動が可能。

◆販売形態

 ■買い取り
   ・買い取り時のバージョンのライセンスは永久使用が可能です。
   ・新規購入時は1年間の保守サービスが無償で付きます。
   ・教育機関向けのアカデミック版の設定があります。
 
■レンタル
   ・保守サービスが含まれています。
   ・月単位契約となります。日割り計算は致しません。
   ・期間終了後はライセンスを返却して頂きます。
   ・レンタルから買い取りへの途中変更は出来ません。

本件に関するお問い合せはこちら

製品紹介の先頭に戻る

知って得する便利機能♪

CarSim/ TruckSim/ BikeSimには車両運動シミュレーションに必要な機能が各種備えてあります。ここではユーザ様からのお問い合せを基に、あまり知られていない便利機能をご紹介致します。

☆実行途中でパラメータ、運転条件、路面条件の入れ替えがしたい・・・
 ・2駆から4駆に切り替えたい
 ・走行中にパンク(タイヤ径変更)させたい
 ・無限に走行させたい
 ・走行→停止→バック→右折・・・  ドライバーモデルを切り替えたい
 ・FMVSS-126/ ECE R13-H のシミュレーションをしたい
  ・・・等々

Event機能で実現できます!

 

 

☆入出力ポートの追加や数式の挿入で簡単なフィードバック制御が構築できます・・・
 ・ヨーレート利用による左右ブレーキ圧の設定をしたい
 ・前後G利用によるフロントスプリングレートの設定をしたい
 ・ステアコントロール/ レーンコントロールにSin波形を入れたい
  ・・・等々

VS Command機能で実現できます!

 

☆Visual Basicやスクリプトを利用してメニュー画面の自動化を行うことが出来ます・・・
 ・メニュー操作の自動化
 ・パラメータの変更・テーブルの上書き
 ・HILSでの連続運転
 ・最適化ソフトとの連携
  ・・・等々

COM Interface機能で実現できます!

 

☆データのインポート&エクスポートにより外部からのデータ利用が出来ます・・・
 ・プロットデータをCSVやMATLAB形式に変換したい
 ・実測データ(CSV)を取り込みたい
 ・実車走行データを基にしてアニメ表示したい 
  ・・・等々

ERD コンバーター機能で実現できます!

 

いずれの機能も標準版で実行する事が出来ます!!
解析評価の品質向上や効率化に是非お役立て下さい。

本件に関するお問い合わせはこちら

製品紹介の先頭に戻る

【新機能】CarSimエンジンマウントオプション

エンジン挙動を考慮した車両運動解析を行うことが出来るCarSimアドオンオプションです。
乗り心地解析や操縦安定性評価に使用することが出来ます。
 駆動形式(2WD,4WD)やマウント駆動形式が任意に設定出来
マウント4か所トルクロッド2か所を設定可能です。
黄色い箱がエンジン剛体、青い矢印がマウントで受ける反力を表しています。
(ご注意: CarSim with Frame Twist option との同時使用は出来ません) 

本件に関するお問い合せはこちら

製品紹介の先頭に戻る

【新機能】パワートレインインターフェースオプション

AVLCruise.jpg
各種ドライブライン(4WD,RWD,FWD)や新しいシステム(電気自動車、
ハイブリッド車)のパワートレインモデルをCruise上で構築し、CarSim側の
車両モデルと一緒にシミュレーションを行う事が出来ます。
※Cruiseライセンスが別途必要です。

本件に関するお問い合わせはこちら
製品紹介の先頭に戻る

 

ADASセンサーオプション



  ITS(高度道路交通システム)やADAS(先進運転支援システム)の研究開発に有効なADASセンサーモデル(アドオンオプション)が搭載されました。車両の任意の位置に最大20個のセンサーを配置することが出来、最大99個のオブジェクトを認識させることが出来ます。車両とオブジェクトの距離・角度・幅・ウエイト等を出力することが可能ですので、Simulink等を使った制御ロジックの開発に利用することが出来ます。

応用例:オートクルーズ(縦列自動走行)・自動パーキング・危険予測機能等

本件に関するお問い合せはこちら

製品紹介の先頭に戻る

ライブアニメーターオプション

8画面表示例 名古屋大学様360度表示事例 
               8画面表示例(動画)           名古屋大学様の360度8画面表示事例(動画)  

 CarSim/TruckSim/BikeSimのアニメーションは、最大120度まで引き延ばして表示させる事が出来ますが、側面や後方等を同時に描画させる事は出来ません。このライブアニメーターオプションを付加させる事で任意の視点のビューを同時に表示させることが出来ます。 ※1液晶ディスプレイやグラフィックボード等の表示装置が別途必要となります。 ※2CarSim/TruckSim/BikeSimの各標準版はサポートしておりません。

応用例:ドライビングシミュレーター

 

 

本件に関するお問い合せはこちら

製品紹介の先頭に戻る

フレームツイストオプション

TruckSim フレームツイストオプションムービー
ムービーはこちら (Windows Media Player:WMV形式)
     【右クリック ↑ するとファイルをダウンロード出来ます】

 CarSim / TruckSimのアドオンオプションで、バネ上ボディーの捩り剛性とキャビンサスペンション(TruckSimのみ)を考慮した詳細な車両運動シミュレーションが可能になります。 

FT1.jpg 


フレームの捩り解析(3車種比較)
FT2.jpg

本件に関するお問い合せはこちら

製品紹介の先頭に戻る

CarSim トレーラーオプション

CarSimトレーラオプションムービー
ムービーはこちら (Windows Media Player:WMV形式)
     【右クリック ↑ するとファイルをダウンロード出来ます】

 CarSimのアドオンオプションで、1軸か2軸のトレーラーモデルを牽引した詳細な車両運動シミュレーションが可能になります。 

本件に関するお問い合せはこちら

製品紹介の先頭に戻る

背景バナー

Ai PNS

HPバナー比較.png

Ps【画像のみ加工】PNS

HPバナー比較-ps1.png

Ps【文字画像加工】PNS

HPバナー比較-ps3.png

Ps【文字画像加工】GIF

HPバナー比較-ps4.gif

 

 

ソフトウエア製品リリース履歴

2017年5月、CarSim/ TruckSim/ BikeSim が2017.1にマイナーバージョンアップしました。新機能ライブラリータブの追加や、2017リリース以降に発見されたバグフィックス等が施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2017年2月、SuspensionSimが2017にメジャーバージョンアップしました。
------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年12月、CarSim/ TruckSim/ BikeSim が2017にメジャーバージョンアップしました。VSソルバーのLinuxOSサポートやカメラセンサー(オプション)の追加等数々の新機能や機能改善が施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2016年7月、CarSim/ TruckSim が2016.2にマイナーバージョンアップしました。2016.1リリース以降に発見されたバグフィックスが施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2016年3月、CarSim/ TruckSim/ BikeSim が2016.1にマイナーバージョンアップしました。2016リリース以降に発見されたバグフィックスが施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2016年1月、SuspensionSimが2016にメジャーバージョンアップしました。
------------------------------------------------------------------------------------------------

2015年12月、CarSim/ TruckSim/ BikeSim が2016にメジャーバージョンアップしました。Visualizerのスタンドアローンや緊急ブレーキ・車線逸脱等ADAS事例の追加、FMI(Functional Mock-up Interface)ver1.0 /2.0への対応等数々の新機能や機能改善が施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------

2015年6月、TruckSimを9.0.2にマイナーバージョンアップしました。TruckSim 9.0.1リリース以降に発見されたバグフィックスが施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2015年6月、CarSimを9.0.3にマイナーバージョンアップしました。CarSim 9.0.2リリース以降に発見されたバグフィックスが施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2015年5月、BikeSimを9.0にメジャーバージョンアップしました。BikeSim 9.0ではアニメーションとプロットの同期表示や非線形タイヤモデルの機能強化の他に、三輪車モデルが追加されました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2015年5月、SuspensionSimを9.0にメジャーバージョンアップしました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年5月、TruckSimを9.0.1にマイナーバージョンアップしました。TruckSim 9.0リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------

2015年5月、CarSimを9.0.2にマイナーバージョンアップしました。CarSim 9.0.1リリース以降に発見されたバグフィックスが施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------

2015年2月、CarSimを9.0.1にマイナーバージョンアップしました。CarSim 9.0リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------

2015年2月、TruckSimを9.0にメジャーバージョンアップしました。TruckSim 9.0ではアニメーションとプロットの同期表示や非線形タイヤモデルの機能強化の他に、七つの新しい車両モデルが追加されました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2014年10月、CarSimを9.0にメジャーバージョンアップしました。CarSim 9.0ではアニメーションとプロットの同期表示や非線形タイヤモデルがサポートされました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2014年2月、SuspensionSim8.2をリリースしました。マルチボディー機構解析技術を利用した自動車、二輪車用サスペンションを設計解析するツールで、VehicleSimシリーズと連携し、相互で解析結果を利用する事が可能です
-------------------------------------------------------------------------------
2014年1月、BikeSimを3.2.1にマイナーバージョンアップしました。BikeSim 3.2の改訂版で、タイヤモデル機能やGUI・マスモデルの改善・バグ修正等が実装されています。
-------------------------------------------------------------------------------
2013年11月、CarSimを8.2.2にマイナーバージョンアップしました。CarSim 8.2.1の改訂版で、タイヤモデル機能やGUIの改善・バグ修正等が実装されています。
-------------------------------------------------------------------------------

 2013年8月、TruckSimを8.2にメジャーバージョンアップしました。TruckSim 8.2ではVSVによる新アニメーション機能や線形化解析に必要な線形行列の導出がサポートされました。
----------------------------------------------------------------------------------------
2013年2月、CarSimを8.2.1にマイナーバージョンアップしました。CarSim 8.2リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。
----------------------------------------------------------------------------------------
2013年1月、BikeSimを3.2にメジャーバージョンアップしました。BikeSim 3.2ではVSVによる新アニメーション機能や線形化解析に必要な線形行列の導出がサポートされました。

---------------------------------------------------------------------------------------- 
2012年12月、CarSimを8.2にメジャーバージョンアップしました。CarSim 8.2ではVSVによる新アニメーション機能や線形化解析に必要な線形行列の導出がサポートされました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2012年1月、CarSim8.1.1にマイナーバージョンアップをしました。CarSim8.1.1ではVisualizer(ベータ版)の改良やAVL Cruiseインターフェース改良等の機能向上を致しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年12月、TruckSimを8.1にメジャーバージョンアップしました。TruckSim 8.1ではCVTモデル、新アニメーションソフト(機能評価版)等の機能が向上致しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年11月、BikeSimを3.1にメジャーバージョンアップしました。BikeSim 3.1ではCVTモデル、最適速度の自動計算等の機能が向上致しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年8月、CarSimを8.1にメジャーバージョンアップしました。CarSim 8.1ではエンジンマウント(オプション)の追加やCVTモデル、新アニメーションソフト(機能評価版)等の機能が向上致しました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年10月、TruckSim8.0のマイナーバージョンアップ版Version 8.01をリリースしました。

TruckSim8.01ではTruckSim 8.0リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年9月、CarSim8.02のマイナーバージョンアップ版Version 8.03をリリースしました。
CarSim 8.03ではCarSim 8.02リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年4月、BikeSimを3.0にメジャーバージョンアップしました。BikeSim 3.0は、CarSim 8.0やTruckSim 8.0 と同じ最新のVehicleSimテクノロジーにより開発され、利便性や拡張性が大幅に向上しました。空力計算式が改良され、横風入力にも対応できるようになりました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年3月、CarSim8.0のマイナーバージョンアップ版Version 8.02をリリースしました。
CarSim 8.02ではCarSim 8.0リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年12月、TruckSimを8.0にメジャーバージョンアップしました。TruckSim 8.0ではITS分野の研究開発に有効なオプションが強化されて、20個のレーダーセンサーと99個の移動オブジェクトのシミュレーションが可能になりました。FTire(Flexible Ring Tire Model)を使ったタイヤ接地踏面の解析が出来る様になりました。また、OEMとサプライヤー間のモデル共有に不可欠な、詳細データ隠匿の為のデータ暗号化機能が付加されて、社外との共同開発が容易になりました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年7月、CarSimを8.0にメジャーバージョンアップしました。CarSim 8.0ではITS分野の研究開発に有効なオプションが強化されて、20個のレーダーセンサーと99個の移動オブジェクトのシミュレーションが可能になりました。FTire(Flexible Ring Tire Model)を使ったタイヤ接地踏面の解析が出来る様になりました。また、OEMとサプライヤー間のモデル共有に不可欠な、詳細データ隠匿の為のデータ暗号化機能が付加されて、社外との共同開発が容易になりました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年1月、CarSim7.1のマイナーバージョンアップ版Version 7.11をリリースしました。
CarSim 7.11ではCarSim 7.1リリース以降に発見されたバグフィックスと小改良が施されています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年10月、BikeSimを2.0にメジャーバージョンアップしました。BikeSim 2.0は、CarSim 7.1やTruckSim 7.01 と同じ最新のVehicleSimテクノロジーにより開発され、利便性や拡張性が大幅に向上しました。また、快適な計算スピードは維持しつつ、殆どのサスペンションやステアリング機構を表現できるようにモデルが拡張されました。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年9月、TruckSim 7.0のマイナーバージョンアップ版 Version 7.01をリリースしました。
TruckSim 7.01では、CarSim 7.1と同様に、ビルトインDelft-Tyre、Road Segment Builder等が追加された他、VSコマンドやAPI関数が大幅に増え、拡張性が拡大しました。さらに、従来オプションのカスタムモデルとして提供されていた独立サス系車両の4種が新たに標準車両モデルに加わり、合計16種類となりました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年7月、CarSim 7.1へバージョンアップしました。 新機能として、ビルトインDelft-Tyre
(MF6.1/Swift6.1)、 ローターの発熱まで考慮した詳細ブレーキモデル、より簡便に3Dロードコースを作成可能なRoad Segment Builder等が追加されています。 また、Windows Vistaに正式対応し、VehicleSimテクノロジーの拡張によりVS CommandやVS APIの関数が増え、モデルの拡張性が拡大しました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年3月、TruckSimをVersion 7.0へメジャーバージョンアップしました。 TruckSim 7は、
CarSim 7と同様にVehicleSimテクノロジーにより開発され、利便性や拡張性が大幅に向上しました。また、Frame-Twistオプションモデルには、新たにキャブ・サスペンションモデルが追加されました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年6月、CarSim7.0のマイナーバージョンアップ版Version 7.01をリリースしました。
CarSim 7.01ではCarSim 7.0リリース以降に発見されたバグフィックスや数多くの改良が施されています。また、トーションビーム・リヤサスペンション付き車両モデルが新たに追加されました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年3月、CarSimをVersion 7.0へメジャーバージョンアップしました。 CarSim 7.0では、
快適な計算スピードは維持しつつ、さらなる精度アップと使い勝手の向上を目指し、ステアリング系の力学モデルの拡張と共に、グラフィックデータベース入力画面の操作性の向上が図られています。また、新機能としてVehicleSim言語による車両モデルや運転・環境条件の拡張カスタマイズが可能となりました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年10月、TruckSim6のマイナーバージョンアップ版Ver 6.04をリリースしました。
Ver 6.04では、Ver 6.01リリース以降に発見されたバグ修正や小改良に加え、6x6と8x8等の多軸駆動系モデルが追加されました。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年9月、BikeSim1.0のバージョンアップ版Version 1.02をリリースしました。
BikeSim 1.02では、駆動系モデルの追加、操舵トルク入力の追加(手放し運転可)、ライダーモデルの体重移動コントロールの追加等、数々の機能追加や改良が施されています。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年2月、CarSim6のマイナーバージョンアップ版Ver 6.05をリリースしました。
CarSim 6.05では、CarSim 6.04リリース以降に発見されたバグ修正や小改良に加え、駆動系のフロント、リア、センターデフモデルの種類が充実し、殆どの四輪駆動車の駆動力配分制御に対応できるようになりました。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年12月、CarSim6のマイナーバージョンアップ版Ver 6.04をリリースしました。
CarSim 6.04では、CarSim 6.03リリース以降に発見されたバグ修正や小改良に加え、道路コースExampleの路面や遠景にもテキスチャマッピングが施され、アニメーションのリアル感がより向上しました。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年11月、日本でのUser Conferenceの席上で、CarSim、TruckSimに次ぐ第三の商品である二輪車用車両運動シミュレーションソフト「BikeSim Version 1.0」のリリースを発表しました。BikeSimはCarSimやTruckSimと同様の機能と操作性を有し、二輪車特有のライダーモデルにより3次元コース路面を自在に走らせることができ、MATLAB/Simulinkとのインタフェースも標準装備しています。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年9月、TruckSim6のマイナーバージョンアップ版Ver6.01をリリースしました。
Ver6.01では、Ver6.0で発見されたいくつかのバグフィックスや改良が施されています。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年9月、CarSim6のマイナーバージョンアップ版Ver6.03をリリースしました。
Ver6.03では、Ver6.02で発見されたいくつかのバグフィックスや改良に加え、新たにオプションでボデーの捻り剛性を考慮できる車両モデルが追加されました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年8月、メカニカルシミュレーション社の期待の新商品、2輪車用車両運動シミュレーションソフト「BikeSim」の正式リリース前の 最終評価版「BikeSim1Beta3」の試用が可能となりました。「BikeSim」の導入を検討されているお客様にはトライアルライセンスの貸出しが可能ですので、弊社までお申し出ください。尚、正式版[BikeSim 1.0」のリリースは10月末頃を予定しています。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年6月、TruckSimをVersion 6.0へメジャーバージョンアップしました。 TruckSim Ver6.0では、快適な計算スピードはそのままに、さらなる精度アップと使い勝手の向上を目指し、 GUI画面のデザインも一新されました。モデル構成は従来の北米版と日本版が統一拡充され、合計12モデルが標準装備されています。 さらにオプションでフレームの捻り剛性を考慮できる12モデルを追加した拡張版製品が新しくラインナップされました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年3月、CarSim6のマイナーバージョンアップ版Ver6.02をリリースしました。
Ver6.02では、Ver6.0で発見されたいくつかのバグフィックスに加え、新たにフロントサスペンションがリジッドまたはトーションビームの車両モデルが追加されました。 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2004年8月、CarSimをVersion 6.0へメジャーバージョンアップしました。
CarSim Version 6.0では、快適な計算スピードはそのままに、さらなる精度アップと使い勝手の向上を目指し、サスペンションやタイヤ等力学モデルの拡張と共に GUI画面のデザインも一新されました。またアニメーションもテクスチャマッピング採用等で、よりリアルになりました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2003年7月、CarSim5.16のバグフィックス版Ver5.16bをリリースしました。
Ver5.16bは、2003年5月にリリースされたCarSim5.16にいくつかのマイナーな改善やバグフィックスがなされています。また、各RT版につきましてはこのVer5.16bをベースにリリースされます。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2003年7月、TruckSim5のマイナーバージョンアップ版Ver5.04をリリースしました。
Ver5.04では、車両の数学モデルにタンデム式サスペンションの動的荷重分散 (tandem load sharing) と機械クラッチが追加され、TruckSimデータベースのインポート/エクスポート機能が大幅強化されました。 その他、マイナーなバグ修正を行っています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
20037月、CarSim RT-dSPACE版Ver5.16をリリースしました。dSPACE社製のリアルタイムシステムDS1005上で動くRT専用バージョンで、制御システムのHardware In the Loop(HIL)シミュレーションを容易に実現できます。
  -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2003年5月、CarSim5のマイナーバージョンアップ版Ver5.16をリリースしました。
Ver5.16では、Ver5.15の特殊なケースで起こるバグのフィックスに加え、新たに車両モデルの駆動系にメカニカルクラッチが追加され、マニュアルトランスミッションがサポートされました。また、CarSimデータベースのImport/Export機能の向上がはかられました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2003年3月、dSPACEシステム上でリアルタイムに実行できHILシステムを構築できるCarSim RT-DSPをリリースすると発表しました。 すでにリリースしている、Opal-RT社のRT-LABシステム上で動くCarSim RT-QNX、A&D社のAD5410システムや富士通テン社のCRAMASシステム上で動くCarSim RT-LINUXに加え、dSPACE社のDS1005システム上でもCarSimが動くようになります。 CarSim、TruckSimは、唯一マルチプラットフォーム上で動く車両運動モデルの世界標準を目指しています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2002年12月、TruckSimのマイナーバージョンアップ版Ver5.02をリリースしました。
TruckSim5.02はTruckSim5(5.0)と機能的には同等ですが、数々の小改善やバグフィックスが行われています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2002年12月、CarSim RT-LINUX(CRAMAS)版Ver5.15をリリースしました。富士通テン社製のリアルタイムシステムCRAMAS上で動くRT専用バージョンで、制御システムのHardware In the Loop(HIL)シミュレーションを容易に実現できます。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2002年10月、CarSimのマイナーバージョンアップ版Ver5.15をリリースしました。
CarSim5.15はCarSim5.13と機能的には同等ですが、数々の小改善やバグフィックスが行われています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2002年9月、TruckSimのメジャーバージョンアップ版Ver5をリリースしました。
TruckSim5はCarSim5.13と同レベルの機能を有しています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
20025月、CarSim RT-LINUX(A&D)版Ver5.13をリリースしました。A&D社製のリアルタイムシステムAD5410上で動くRT専用バージョンで、制御システムのHardware In the Loop(HIL)シミュレーションを容易に実現できます。
  -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2002年4月、CarSimのマイナーバージョンアップ版Ver5.13をリリースしました。
Ver5.13は、ユーザ間のデータ授受や旧バージョンからの移植機能が整備されました。
Surface AnimatorはCarSimから切り離してプレゼン用に結果表示ができるようになりました。 また、Simulink上で実現できていた外部ユーザモデルとの結合がCプログラムでも可能となりました。ドキュメント(英語/日本語)もすべてアップデートされ、PDFファイルで提供されます。
HILSシステム構築用のRT専用版もVer5.13で正式リリースされます。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2002年2月、CarSimのマイナーバージョンアップ版Ver5.12をリリースしました。
Ver5.12は、ネットワークライセンスが可能になった他、待望のユーザ間のデータ授受が簡単に行えるExpanded Parsfile Export/Import機能が追加されました。 また、User Manual
Version 5.11の日本語版も完成し、PDFファイルでお客様に無償でお配りしています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2001年11月、CarSimのマイナーバージョンアップ版Ver5.11をリリースしました。
Ver5.11では、CarSim5のバグ修正や使いにくかった箇所を数多く改善しています。「Surface Animation」も変更され、 複数解析ケースの同時比較表示が行えるようになりました。また、待望のUser Manualの日本語版(まだV5のDraftですが) も完成し、PDFファイルでお客様に無償でお配りしています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2001年7月、CarSimのメジャーバージョンアップ版Ver5.0をリリースしました。
Ver5.0では、GUIが一新されるなど特に使い勝手やプレゼンテーション効果の向上を中心に、数々の機能改善と機能追加が実施されています。リアルなアニメーション表示ができる
「Surface Animation」やバンクなどを含む3次元テストコースを容易に定義できる「3D Road」が標準で追加されました。また、1軸と2軸のトレーラトーイングシミュレーションができるモデルを含む「CarSim Trailer」がCarSimプロダクトファミリーに追加されました。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2001年2月、TruckSimの新しいモデルバリエーションのパッケージ製品としてTruckSim 4.6 Japanese Configuration(略称TruckSim 4.6J)をリリースしました。この製品は、日本のトラックメーカーのニーズに基づいて、TruckSim 4.6をベースにモデルのバリエーションを変更したもので、以下の6種類のモデルとなっています。 ・前1軸独立サス・後1軸リジッドサス トラック&バス (新)・前1軸リジッドサス・後1軸リジッドサス トラック&バス・前2軸リジッドサス・後1軸リジッドサス トラック (新)・前1軸リジッドサス・後2軸リジッドサス トラック・前2軸リジッドサス・後2軸リジッドサス トラック (新)・前1軸リジッドサス・後1軸リジッドサス トラクタ + 2軸リジッドサス セミトレーラ新しいモデルが3つ追加され、残りの3つのモデルはオリジナルTruckSim 4.6と共通です。その代わりセミトレーラタイプの3モデルが削除されています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2000年9月、CarSimのリアルタイムバージョンCarSim RT-LABとCarSim RT-PCをリリースすると発表しました。CarSim RT-LABは、Opal-RT社のリアルタイムシステムRT-LAB上で動くRT専用バージョンで制御システムのHardware In the Loopシミュレーションを容易に実現できます。CarSim RT-PCはWindows上でリアルタイム処理ができるように関数を追加したバージョンで、主にドライビングシミュレータの車両運動モデルとしてCarSimを組み込むのに使います。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2000年8月、CarSimのマイナーバージョンアップ版Ver4.52をリリースしました。
このバージョンは、Ver4.51のバグフィックスの他に機能アップとして、操舵トルク反力の計算・出力、重心位置左右オフセット入力、外部入力項目大幅増(23->56)、FFT機能のSpectrum Analyzerツールの追加等、益々充実した内容となっています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2000年6月、TruckSimの新バージョンVer4.6をリリースしました。新バージョンには、新しい機能として、CarSimと同様にMATLAB/Simulinkの制御系ブロックと結合して動くSimulink Plug-inモードや坂路やバンクを表現できる3次元路面などが標準で追加されます。これにより、さまざまな運転条件と環境条件での連結車を含む各種トラックの動的挙動を即座にユーザの制御系モデルと結合してシミュレーション評価できるようになります。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
2000年1月、CarSimの新バージョンVer4.51をリリースしました。新バージョンは新しい機能としてMATLAB/Simulinkの制御系ブロックと結合して動くSimulink Plug-inモード、FF/FR/4WDのATが選べるエンジン・駆動系モデル、坂路やバンクを表現できる3次元路面などが標準で追加され、さまざまな運転条件と環境条件での車の動的挙動を即座にユーザの制御系モデルと結合してシミュレーション評価できるようになりました。また、Hardware In the Loop(HIL)シミュレーションやドライビングシミュレータのシミュレータエンジンとしてご利用いただけるようなReal-Time Extension Optionも用意されています。
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
製品紹介の先頭に戻る

推奨動作環境

最近のPCは、CarSim/TruckSim/BikeSim の使用に十分な能力を装備しています。コンピュータのハードウェア/ソフトウエアを準備する際の指針を下に掲げておきます:

オフライン&HostPC環境

・OS Windows7 SP1, 8.1 & 10 【32bit or 64bit】 *1
・CPU インテル(R) Core 2 Duo 2.4GHz以上を推奨します
・メモリー 2GB以上
・ハードディスク 500GB以上(インストール容量は3GB前後) 
 
・グラフィックボード OpenGL2.1 , 128MB以上のグラフィックメモリー
   例:NVIDIA(R) Quadro FX380 256MB DDR3  (PCI Express, DVIx2 ポート)
  [ディスプレイを3又は4画面にする場合はグラフィックボードを増設要]
 

・DVDドライブ(インストール時に使用) 
  

*1 VM Ware等の仮想マシンでの運用はサポートしておりません。

  

簡易ドライビングシミュレータ環境 

・OS   Windows7, 8.1 & 10 【32bit or 64bit】 *1 
・CPU インテル(R) IntelR i5 3.0GHz以上 
・メモリー 10GB以上 *2
・ハードディスク 500GB以上(インストール容量は10GB前後)

・グラフィックボード
  OpenGL3.0 ,  1GB以上のグラフィックメモリー
          例:NVIDIA(R) Quadro K2000 2G GDDR5 (PCI Express)
    
[ディスプレイを3又は4画面にする場合はグラフィックボードを増設要]
・DVDドライブ(インストール時に使用) 
・ディスプレイ 1〜4台
・ハンドル装置 Logitech G27 Racing Wheel 1セット 
    (CarSimDS/TruckSimDSに試供品として付属・未保証品)
・MATLAB/Simulink 32bit版 (連成時)
 
 *1  VM Ware等の仮想マシンでの運用はサポートしておりません。
 *2 4GB以上使用される場合OSは64bit版をご使用ください。

 

ライセンスサーバー環境 (ネットワーク【フローティング】の場合のみ) 

Windows7, 8.1 & 10 , Windows Server2008・2008R2・2012・2012R2
 ※Linux OSはサポートしておりません。
 ※VM Ware等の仮想マシンでの運用はサポートしておりません。

  

MATLAB/Simulink (連成使用の場合のみ) 

・対応表 こちら

 

その他システム要件一覧は こちら  (開発元サイトにリンクします)

ご不明な点はお問い合わせください こちら

 

製品紹介の先頭に戻る 

2017年度 CarSim無料体験セミナー

無料体験セミナーは、CarSimの導入をご検討中の方や、車両挙動シミュレーションにご興味の有る方を対象に無料で受講して頂く事が出来るセミナーです。最新バージョンのCarSimを一人1台の環境で体験をしていただけます。

※ユーザー様・同業他社/商社の方々のお申し込みはご遠慮ください。
ユーザー様にはトレーニングセミナーをご用意しております
 
こちら

無料体験セミナー2013
セミナー内容

●CarSim概要紹介(14:00〜15:00)
     会社紹介・事例紹介・コンセプト・各種機能・モデル概要・拡張性・ライセンス等
●CarSimハンズオン(15:00〜16:00)
     メニュー画面構成・解析の実行と結果表示・車両の入替・パラメータ変更等
 
開催日時

日程 会場 時間 受付
2017年4月11日(火) バーチャルメカニクス セミナールーム 地図 14:00〜16:00 お申込みはこちら
2017年6月13日(火)  バーチャルメカニクス セミナールーム 地図  14:00〜16:00 お申込みはこちら
2017年8月1日(火) バーチャルメカニクス セミナールーム 地図 14:00〜16:00 お申込みはこちら
2017年10月3日(火) バーチャルメカニクス セミナールーム 地図 14:00〜16:00 お申込みはこちら
2017年12月5日(火) バーチャルメカニクス セミナールーム 地図 14:00〜16:00  お申込みはこちら
2018年2月6日(火) バーチャルメカニクス セミナールーム 地図 14:00〜16:00 お申込みはこちら

※お申込みに関する注意事項

下記の場合には開催を中止または、ご出席をお断りさせて頂く場合がございます。
・最少催行人数に達しない場合
・ユーザー様/同業他社/商社様

VehicleSim評価用ライセンス貸し出し

VehicleSim(CarSim,TruckSim,BikeSim,SuspentionSim)各種ソフトウェア評価用ライセンスの貸し出しを承っております。

貸し出し条件と致しましては「VehicleSimソフトウェア評価版使用同意書」への同意が必要となります。

   貸し出し期間        3ヶ月  【延長の場合は別途書面による申請(理由・状況等の報告)が必要となります】

   ライセンス形式     ノードロックライセンス        【PC固定・返却不要

   ソフトウェア        ダウンロード                      【FTPサイトからのダウンロード・返却不要

 

評価用ライセンス発行手順

@ VehicleSimソフトウェア評価版使用同意書  こちら

     同意書をダウンロード後ご確認頂き、同意頂けます場合は下記フォームにチェックを入れるか、ご署名後にメール添付
  またはFaxにてご返信をお願い致します。フォームにチェックのみの場合でも同意書効力は署名有りと同じとなります。

A PC固有情報

     インストールPC(Windows)にて確認プログラムを実行後表示されるPC固有情報をコピー&ペーストして下記フォームで
  ご連絡ください。確認プログラム  こちら 

B 貸し出し情報

     下記フォームから貸し出しソフトウェア・担当者等の情報の入力をお願い致します。

C 2〜3営業日後

      同意書・フォーム情報確認後、ライセンスファイルとVehicleSim評価用ソフトウェア手順書 をメールにてご連絡致します。
  ドライビングシミュレータの場合ステアリング装置(ロジクール G27 Racing Wheel・返却要)を発送致します。

D インストール

      VehicleSim評価用ソフトウェア手順書を基にソフトウエアのダウンロード・インストール等を行ってください。

 

 

弊社担当営業(必須)
橋本
友安
その他
(評価用ライセンスをご案内した担当者)
VehicleSimソフトウェア評価版使用同意書(必須)
同意しない
同意する(署名無し)
同意する(署名有り)
(同意する(署名有り)の場合は別途メールまたはFaxにて同意書の返信をお願いします。)
ソフトウェア(必須)
CarSim
TruckSim
BikeSim
SuspentionSim
ライセンス(必須)
標準版
ドライビングシミュレータ
リアルタイム
オプション
ADASセンサー
エンジンマウント(CarSimのみ)
トレーラー(CarSimのみ)
フレームツイスト(TruckSimのみ)
(評価希望時のみ)
G27ステアリング装置
必要(要相談)
不要
(ドライビングシミュレータの場合のみ)
リアルタイムハードウェア
DS1006、SCALEXIO
LABCAR
AD5436/45/46/47
Concurrent
LabVIEW
RT-LAB
(評価希望時のみ)
PC固有情報(必須)
※2500 文字以内でお願いします

(確認プログラムを実行後表示された情報をコピー&ペースト)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
氏名(日本語)(必須)

(例:山田 太郎)
氏名(英語)(必須)

(例:Taro Yamada)
半角でお願いします。
会社名・学校名(日本語)(必須)

(例:ABC株式会社)
会社名・学校名(英語)(必須)

(例:ABC Corporation)
半角でお願いします。
所属名(日本語)(必須)

(例:営業部)
所属名(英語)(必須)

(例:Sales department)
半角でお願いします。
会社郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
会社住所(日本語)(必須)

(例:愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19)
会社住所(英語)(必須)

(例:1-10-19 Marunouchi Naka-ku Nagoya Aichi)
半角でお願いします。
会社TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
コメント(配送先が上記と違う場合は住所をご記入ください)
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。)

本フォームでの送信後2営業日以上返信が無い場合は、以下にお問い合わせください。

メールアドレス sales@vmc.jp
電話番号 052-265-6035 (受付時間:平日9:00〜18:00)

VehicleSim2017ベータ版テスター申し込み

VehicleSim2017beta版(CarSim,TruckSim,BikeSim)テスターを希望される方は以下の記載事項をご確認の上お申し込みをお願い致します。
貸し出し条件と致しましては「VehicleSimソフトウェア評価版使用同意書」への同意が必要となります。
   貸し出し期間        3ヶ月(正規ソフトウェアリリースまで) 
   ライセンス形式     ノードロックライセンス        【PC固定・返却不要】
   ソフトウェア        ダウンロード                      【FTPサイトからのダウンロード・返却不要】
 
評価用ライセンス発行手順
@ VehicleSimソフトウェア評価版使用同意書  こちら
     ダウンロード後ご確認頂き、同意頂けます場合は下記フォームにチェックを入れるか、ご署名後にメール添付
  またはFaxにてご返信をお願い致します。フォームにチェックのみの場合でも同意書効力は署名有りと同じとなります。
A PC固有情報
     インストールPC(Windows)にて確認プログラムを実行後表示されるPC固有情報をコピー&ペーストして下記フォームで
  ご連絡ください。 確認プログラム  こちら 
B 貸し出し情報
     下記フォームから貸し出しソフトウェア・担当者等の情報の入力をお願い致します。
C 2〜3営業日後
      同意書・フォーム情報確認後、ライセンスファイルとVehicleSim評価用ソフトウェア手順書 をメールにてご連絡
  致します。
D インストール
      「VehicleSim評価用ソフトウェア手順書」に従って、ソフトウエアのダウンロード・インストール等を行ってください。
 
 

VehicleSimソフトウェア評価版使用同意書(必須)
同意しない
同意する(署名無し)
同意する(署名有り)
(同意する(署名有り)の場合は別途メールまたはFaxにて同意書の返信をお願いします。)
ソフトウェア(必須)
CarSim
TruckSim
BikeSim
ライセンス(必須)
標準版
リアルタイム
オプション
ADASセンサー
エンジンマウント(CarSimのみ)
トレーラー(CarSimのみ)
フレームツイスト(TruckSimのみ)
(評価希望時のみ)
リアルタイムハードウェア
DS1006、SCALEXIO
LABCAR
LabVIEW
RT-LAB
(評価希望時のみ)
PC固有情報
※2500 文字以内でお願いします

(確認プログラムを実行後アドレスをコピー&ペースト)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
氏名(日本語)(必須)

(例:山田 太郎)
氏名(英語)(必須)

(例:Taro Yamada)
半角でお願いします。
会社名・学校名(日本語)(必須)

(例:ABC株式会社)
会社名・学校名(英語)(必須)

(例:ABC Corporation)
半角でお願いします。
所属名(日本語)(必須)

(例:営業部)
所属名(英語)(必須)

(例:Sales department)
半角でお願いします。
会社郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
会社住所(日本語)(必須)

(例:愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19)
会社住所(英語)(必須)

(例:1-10-19 Marunouchi Naka-ku Nagoya Aichi)
半角でお願いします。
会社TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
コメント(配送先が上記と違う場合は住所をご記入ください)
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。)

本フォームでの送信後2営業日以上返信が無い場合は、以下にお問い合わせください。

メールアドレス sales@vmc.jp
電話番号 052-265-6035 (受付時間:平日9:00〜18:00)