RoadRunner

RoadRunnerの特長   ▶ 他ツールとの連携イメージ   ▶ アドオンオプション   ▶ ギャラリー   ▶ 対応OS 

 

 RoadRunner®はVectorZero社によって開発された路面景観作成ツールです。
機能が充実したGUI上で、ADAS開発環境に用いるためのバーチャル道路景観データを簡単に作成・編集することが可能です。
さらに、作成したデータをOpenDRIVEやFBXといった様々な形式に出力し、OpenDRIVE対応ソフトウェアやUnreal、Unityといった高精度なゲームエンジンによる利用が可能です。

 

 

 

RoadRunner®の特長  

高い表現力

  • 交差点、分合流、立体交差、傾斜、ラウンドアバウトなどの各種形状
  • 車線数、右左折レーン、車線幅の変化などの表現も可能
  • 道路線、道路標示、横断歩道などの道路情報
  • 標識、信号、パイロン、樹木などの各種プロップ
  • 標高データ、航空写真、点群データを用いたデータ作成機能   

 

■ 直感的な操作

  • マウスクリックで道路描画
  • ドラッグ&ドロップでデータ取り込み
  • 数値での各種パラメーター設定

 

 

■ エクスポート/インポート機能

  • OpenDRIVEエクスポート
     他のOpenDRIVE対応ソフトウェアへのデータ共有が可能
  • OpenDRIVEインポート
     既存のOpenDRIVEデータを編集し、各種形式でエクスポートが可能
  • FBXエクスポート
     Unreal、Unity、CARLAなどでのデータ利用が可能
  • その他多くのデータ形式でエクスポートが可能
     OpenFlight、glTF、AutoCAD、OpenSceneGraph、Wavefront

 

 

 

 

 

他ツール(CarSim、Unreal Engineなど)との連携イメージ

アドオンオプション(Prop Kit)

RoadRunner®に使用可能なProp(標識、信号、樹木など道路沿いの小道具)を追加するオプションです。

より詳細な景観を作成することが可能となります。

 

 

 

 

ギャラリー

  

 

  

対応OS

Windows 7以降(64bit)、Ubuntu 16.04以降

対応オプション

該当する対応オプションはありません

関連トピックス

該当するトピックスはありません

関連セミナー

プロダクトセミナー

ありません

サポートセミナー

ありません

ページトップへ