CarSim® にEuro NCAPのAEB VRU試験の事例を追加

2020.08.24

トピックス

メカニカルシミュレーション

 

CarSim® Euro NCAPAEB VRU試験の事例を追加 

 

Mechanical Simulationは、CarSimを使用してEuro NCAP AEB VRU試験を模擬する、新たな6分間の動画デモを公開しました。このビデオでは、衝突検知に関連する新しい事例を紹介し、Euro NCAP(ヨーロッパ新車アセスメントプログラム)の自動緊急ブレーキ(AEB)道路使用弱者(VRU)試験の一部を実例として示します。これらシミュレーション事例(CarSim 2020.1で新規導入)は、Euro NCAP AEB VRU試験および評価プロトコルで規定されているとおりに作成され、また、付随するAEB 性能に関するEuro NCAPの点数評価が含まれます。

Euro NCAP AEB VRU
の事例には、大人が助手席側から飛び出してくるCar-to-Pedestrian Nearside Adult 25% (CPNA - 25)試験と、子供が助手席側から飛び出してくるCar-to-Pedestrian Nearside Child 50% (CPNC - 50)試験が含まれます。CarSimには、AEBシステム性能の有効性をよりよく理解するため、Euro NCAP AEB VRUの評価プロトコルに対する試験のライブ採点も含まれます。シミュレーションでは、ポリゴン形状を車両やターゲットオブジェクトに配置するCarSimの新規オプションを使用し、試験の採点で要求されるように、衝突における接触点をより検出しやすくします。


 

 

詳細については、以下の6分間の動画デモ(英語)をご覧ください。  YouTube

  

YouTube日本語字幕表示方法(機械翻訳となります)

 

その他の動画デモは、下記リンクをご覧ください。 メカニカルシミュレーション社サイト

 


  

本文章はメカニカルシミュレーション社が発行したニュースレターを基に、バーチャルメカニクスが翻訳編集加筆を行っております

※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ