CarSim、TruckSim、BikeSim 2021.0の新たな仮想テストコース

2020.11.30

トピックス

メカニカルシミュレーション

 

CarSimTruckSimBikeSim 2021.0

新たな仮想テストコース 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇      

近くリリース予定のVehicleSim 2021.0の主要な新機能の1つは、新たな仮想テストコース(Virtual Proving Ground)です。 

  • 高速周回路: バンク角の異なる5車線の全周5マイルの周回路
  • スプリットμ路: 800mに摩擦値の異なる6車線を配備
  • スキッドパッド: さまざまな半径円と摩擦値が設定された500m x 500mのスキッドパッド
  • 坂道勾配試験: さまざまな傾き角を持つ4つの傾斜車線からなる坂道
  • 粗い路面: 振幅と周波数の異なる複数車線からなるスタッガード(互い違い)バンプコース
  • 操縦安定性コース: 操縦安定性やパフォーマンスドライビングを試験するための、様々な旋回種類や高低差のある2.2 kmの操縦安定性コース
  • スプリットμ坂道勾配: 各々3つの異なる摩擦値を持つ、勾配の異なる4車線
  • 南北の直線路: 定速試験のための、半径100mのバンク付きループでつながる1000mの高速直線路
  • 都市部の複数車線の交差点: 環境や交通流を含む複雑な交差点のための、交通信号やラウンドアバウト、踏切が含まれた複数の交差点を持つ複数車線の都市環境

仮想テストコース

Mechanical Simulationは、VehicleSim(CarSim、TruckSim、BikeSim、SuspensionSim) 2021.0製品の12月リリースに向け準備を進めています。

ソフトウェアのすべての新規機能に関する説明を提供する予定です。今後数週間の内に、リリースに先駆けて一部機能について紹介していきます。

リリースの最新情報を入手するには、当社のWebサイトをご確認ください。


・CarSim製品についての詳細はこちら

・製品に関するお問い合わせ、お見積り、ご相談はこちらから

 


  

本文章はメカニカルシミュレーション社が発行したニュースレターを基に、バーチャルメカニクスが翻訳編集加筆を行っております

※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ