NVIDIA DriveSim(TM)をサポート 他【CarSim 2021.0 新しい機能】

2021.02.03

トピックス

製品トピックス

 

2020年12月に、VehicleSim製品バージョン2021.0がリリースされました。

本バージョンでは、車両運動計算や複数のソルバー実行、シーンビルダーの改善などが行われました。その中で、今回目玉となるアップデートを2つご紹介します。

◆◇NVIDIA製品 DRIVESim(TM)をサポート◇◆

CarSimはDriveSimとの連携がサポートされました。

DriveSimとは、NVIDIAから提供されている製品で、高精細なシミュレーション動画とそこからの画像解析を行うことができます。CarSimを連携させることで、実写に近い動きを再現することができます。

またDriveSimをプラットフォームとして様々なツール接続がサポートされており、路面や交通流、AI学習からHILSへの展開など幅広い拡張性を持っています。

今回、CarSimはこのDriveSimとのプラグインを実装しており、DriveSimにおける車両運動計算にCarSimを利用することによって、より精度の高いシミュレーションの実現を可能としました。

NVIDIAとCarSim連携

◆◇EV機能のアップデート◇◆

CarSimでは、最近のバージョンで特にEV関連機能の強化が⾏われており、今回のアップデートでは、次の3つを強化しています。  

■各ディファレンシャルに2つのモータを接続できるように改良されました

■インホールモータの再現が可能になりました

■デフモータとLSDの同時接続が可能になりました

これにより、電気モーターと車軸を接続したい場合のバリエーションに、広がりを持たせられるようになりました。

モータイメージ

今回の機能追加により、今まで実機では存在(構想を含め)するのに、CarSim上でモデル化されていないためシミュレーションできなかったことが、シミュレーションできるようになりました。更なるEV関連の評価に、CarSimを活⽤していただけます。

この他にも新たな連携への対応や機能の追加が行われています。

新機能についてもっと詳しく知りたい方は、営業部までお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせはこちら

▼新バージョンのダウンロードについては、こちら

▼CarSimについて、詳しくはこちら


※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ