バーチャル解析が簡易に

2021.03.26

トピックス

メカニカルシミュレーション

 

バーチャル解析が簡易に 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇      

Automotive Testing Technology International Magazine20213月号に、Mechanical SimulationCarSim 2021.0における最新の改良点を紹介する記事が掲載されています。

CarSim
は、実車試験の結果を正確かつ厳密に再現することができる高精度な車両運動数学モデルの開発に数十年の経験を有しています。この数学モデルは、公称値の場合であれば、リアルタイムよりも10倍速く実行されます。この計算効率性は、個々のエンジニアのワークステーションから、ハードウェアインザループ(HiL)、さらには大規模なハイパフォーマンスコンピューティングへの展開に至るまで拡張可能です。

信頼できるシミュレーション環境での継続的な改善により、CarSimではサードパーティーテクノロジーとの新たなインターフェースを活用することができます。これらのサードパーティーテクノロジーは、シミュレーションランの効率的な設定、実行および解析を提供します。CarSim 2021.0リリースでは、シーンおよびシナリオ機能に焦点を当て、そこでも設定やテストを簡略化しています。

記事を読む(英語)
*
マガジンのロードに、10秒ほど要する可能性がありますのでご留意ください。

新しい仮想テストコース

新しい仮想テストコースのイメージ


CarSim製品についての詳細はこちら

製品に関するお問い合わせ、お見積り、ご相談はこちらから

 


  

本文章はメカニカルシミュレーション社が発行したニュースレターを基に、バーチャルメカニクスが翻訳編集加筆を行っております

※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ