路面データ、景観データの統合事例

2021.04.27

トピックス

製品トピックス

 

VehicleSimはOpen Architectureであり、様々な規格、技術、3rdベンダー製品に対応しています。そのため、「体感」に近い環境とシミュレーションを実現することができます。

路面データは、ASAM OpenDRIVEフォーマットに対応しており、3rdベンダー製品との接続も可能です。

より景観も重視する場合、広くゲーム業界で使われているUnreal EngineをプラグインとしてVehicleSim製品上に取り込み、よりリアルな環境を再現することができます。

 

導入のメリット

 

路面情報をモデル化し、CarSimに取り込み … より正確なシミュレーション結果を得られる

景観をCGレベルで取り込み … より体感に近いシミュレーション結果を得られる

  

統合イメージ

 


 

 

 

 

 お問い合わせ

 

本内容にご興味がございます場合は下記お問い合わせフォーム、またはE-mailよりお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム  / 弊社E-mailアドレス(sales@vmc.jp)

 

 


※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

 

一覧へ戻る

ページトップへ