VehicleSimのドライバーインザループ機能

2021.06.01

トピックス

メカニカルシミュレーション

 

VehicleSimのドライバーインザループ機能

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇      

車両シミュレーション技術がより進化し、次世代車両のエンジニアリングに不可欠になっても、人間のドライバーのインプットなしに新しい機能を十分に評価し、調整することは依然として不可能です。従来、ドライバーの評価は完成車両を必要とするため、製品開発プロセスの最後のステップで行なわれていました。Mechanical Simulation社は、開発プロセスのどの時点においても人間の主観的な分析を支援するため、すべての製品にドライバーインザループ機能を提供することに注力しています。Mechanical Simulation、またはドライビングシミュレーターのパートナー企業によって開発されたこれらの製品は、廉価なデスクトップシミュレーターから、数百万ドルのモーションプラットフォームや360度のビジュアライゼーションシステムまで多岐にわたります。

Mechanical Simulationは、20年以上もの間ドライビングシミュレーターに使用され、CarSim、TruckSimおよびBikeSimソフトウェアは、数百もの異なるアプリケーションに用いられる、3,000台以上のドライビングシミュレーターの車両運動エンジンとして搭載されています。

Mechanical Simulationは、ドライビングシミュレーター技術の世界的リーダーとパートナーを組み、最高品質のエンジニアリングシミュレーターの作成を実現しています。

ドライビングシミュレーターへのCarSim、TruckSimおよびBikeSimの適用に関する詳細については、こちらをご確認ください。

以下は、CarSimの車両運動モデルを実行可能なシミュレーターの一部です。

ドライビングシミュレータ

(左上)Ansible Motion Theta (右上)Cruden AS2
(左下)Ansible Motion Delta (右下)VI-grade DiM 150 9-DOF simulator


CarSim製品についての詳細はこちら

製品に関するお問い合わせ、お見積り、ご相談はこちらから

 


  

本文章はメカニカルシミュレーション社が発行したニュースレターを基に、バーチャルメカニクスが翻訳編集加筆を行っております

※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ