仮想世界が現実世界の問題解決を支援

2021.07.21

トピックス

メカニカルシミュレーション

 

仮想世界が現実世界の問題解決を支援

自動運転車は、その機能を試されるようなエッジケースに遭遇することなく、何千マイルも走行できる場合があります。ただし、 一度でもエッジケースが発生したら、このシナリオを使用して自動運転車の挙動をさらに改善する必要があります。しかし、このデジタルツインの設定には、多くのコストと時間がかかる場合があります。

自動運転における先進的なコントローラーの使用が増加するにつれ、次第に複雑さが高まるシナリオでのコントローラーを検証するのに、ますますシミュレーションが使用されています。シミュレーションには、現実世界の失敗状態を再現するための非常にリアルな環境が必要です。こうした仮想世界を定義することが、進歩を妨げる原因となるべきではありません。

Mechanical Simulationの車両運動シミュレーションソフトウェアプラットフォームであるCarSim、TruckSim、BikeSimを使用することにより、エンジニアは様々な方法で複雑かつリアルなシミュレーション環境を作成することができます。

Mechanical Simulationが、ADASおよび自動運転車の開発者に対し、どのようにシミュレーションのソリューションを提供しているかについては、Autonomous Vehicle International Magazineの最新号に掲載されている記事『Scenario Planning』をご確認ください。 

Mechanical Simulationが提供する機能の詳細については、CarSim Video Sectionにアクセスし、解説ならびにデモビデオをご確認ください。

自動運転におけるCarSimのシミュレーション

交通流、信号、歩行者や自転車に反応する自動運転の自車両を使用したCarSimのシミュレーション 


CarSim製品についての詳細はこちら

製品に関するお問い合わせ、お見積り、ご相談はこちらから


※本文章はメカニカルシミュレーション社が発行したニュースレターを基に、バーチャルメカニクスが翻訳編集加筆を行っております

※ 記載された会社名・商品名・製品名は、各社の登録商標または商標です

一覧へ戻る

ページトップへ