センサーオプション

ITS(高度道路交通システム)やADAS(先進運転支援システム)の研究開発に有効なADASセンサーモデル(アドオンオプション)が搭載されました。

車両の任意の位置に最大20個のセンサーを配置することが出来、最大99個のオブジェクトを認識させることが出来ます。

車両とオブジェクトの距離・角度・幅・ウエイト等を出力することが可能ですので、Simulink等を使った制御ロジックの開発に利用することが出来ます。

応用例:オートクルーズ(縦列自動走行)・自動パーキング・危険予測機能等

センサー機能


オブジェクトセンサー(オプション)

   ・センサー搭載車両とオブジェクト間の相対的な情報を取得(距離、角度、幅etc)
 ・最大20個までのセンサーを設置可能
 ・最大99個のオブジェクトをIDにより個別検知
 ・センサー検知感度・範囲の設定が可能

カメラセンサー(オプション)

 ・RGB /距離/面法線ベクトルの取得( MATLAB/Simulink)

             

 

  

RGB /距離/面法線ベクトルの取得( MATLAB/Simulink)

 

適用事例

 

自動車間制御(ACC)

車線逸脱警報(LDW)/レーンキープアシスト(LKA)

自動緊急ブレーキ(AEB) 死角検知(BSD)

適用プロセス

CarSim/TruckSim/BikeSimは、ADAS開発における車両挙動検証をMILS/SILS環境で行うことが可能です。
また、同じモデルをHILSで実装することで、実ECUのロジック検証でも高精度なテストを実現することが出来ます。


MBD  Driving Simulator  HILS

               MBD                              Driving Simulator             HILS

ページトップへ