「車両運動制御」トレーニング講座

スペシャル

特別講習会

交通流全体を捉え、各システムへコマンドを発信し、更にその先のデバイスを動かす仕組みを説明します。従来の自動車技術の発想の枠を広げ、車両運動制御を自車両を取り巻く状況も含んで包括的にとらえる事ができます。

プログラム

CarSim/TruckSim をご利用頂いているユーザー様、これからご利用いただく方々を対象に実務者向け車両運動制御を学ぶトレーニング講座を開催します。

日本の自動車業界では、中堅技術者の教育が OJT で行われているのが一般的で、従来より数学的な理論に留まらず実務遂行を目的としたコースが必要と考えていました。

本講座で取り上げる Rajesh Rajamani 博士の書は、交通流全体を捉え、各システムへコマンドを発信し、更にその先のデバイスを動かす仕組みを説明しています。従来の自動車技術の発想の枠を広げ、車両運動制御を自車両を取り巻く状況も含んで包括的にとらえる事が出来る書です。

また、日本人にはハードルが高いと言われる英語の書を日本人講師の解説により学習します。

以下の3 分野の方々は、是非この機会をご利用下さい。

受講対象

 (1) 車両設計・開発を業務とする技術者

 (2) 車両設計・開発・試験部門のマネジャー

 (3) 走行中の自車両を周辺環境の一つとして理解する必要がある技術者

従来は運転者が車両を取り巻く状況を見て、コンポーネントごとに独立した操作を行ってきました。車両運動制御は、 状況判断も含めて各コンポーネントへの指示を行い、運転者の負担を減らす事で安全性と快適さを得る事ができます。 

その結果、車両運動制御は周辺環境を認識し、自分がどう動くべきか考え、各システムにどう指示を出すか、そして 各システムはデバイスをどう制御するかを階層的に考慮すべきと考えています。本講座は「車両運動制御」の階層構 造をイメージする事で以下の成果が得られます。

講義の進め方

 ・講師による理論解説と、各テーマに関する受講者による議論

 ・関連技術文献の紹介と解説

 ・自学習として技術文献に関する各自の意見発表

  

 教材は「Vehicle Dynamics and Control」を主に使用しますが、講義は日本語で行い補助資料も日本語で用意します。

 ※「Vehicle Dynamics and Control」(Rajesh Rajamani 著)は各自でご用意ください。斡旋販売も承ります。

修了書の発行

 4回すべての講義に参加し、講義内容が習得できたと認められた場合、修了書をお渡しします。 車両運動制御のプ

 ロとして自信を持って業務を遂行していただき、後輩達への道しるべとなって下さい。

講師

講義のハイライト

● 車線維持制御 (Lane Keeping Control)

・横方向車両運動

・カリフォルニア州PATH プロジェクト

・クロソイド曲線道路

・横位置誤差とヨーレート誤差

・前方注視センサの補償設計

● 隊列走行制御 (Control for Platooning)

・前後方向車両運動と車両制御

・アダプティブ・クルーズ制御

・ストリング・スタビリティ

・クルーズ制御の階層構造

・車間距離制御と車間時間遅れ制御

● サスペンション制御 (Suspension Control)

・パッシブ・サスペンション

・フルアクティブ・サスペンション制御

・セミアクティブ・サスペンション制御

・サスペンションの不変点特性

・スカイ・フック減衰

● 予防安全制御 (Predictive Safety Control)

・差動ブレーキによるスタビリティ制御

・ステア・バイ・ワイヤによるスタビリティ制御

・アクティブ・トルク配分によるスタビリティ制御

・ロール運動力学と横転指数 (Rollover Index)

・横転回避走行制御

スケジュール

●開催日

2019 年7 月18 日(木) 2019 年8 月 22 日(木) 2019 年 9 月19 日(木) 2019 年10 月24 日(木)

序論( 第1 章)

横方向車両動力学( 第2 章)

レーンキーピング制御( 第3 章)

前後方向運動と制御( 第4 章)

クルーズ制御( 第5 章)

アダプティブ・クルーズ制御( 第6 章)

隊列走行制御( 第7 章)

パッシブ・サス( 第10 章)

アクティブ・サス制御( 第11 章)

セミアクティブ・サス制御( 第12 章)

ABS( 第5 章)

ESP/ESC 電子制御 ( 第8 章)

横転防止制御 ( 第15 章)

●時間スケジュール

第1 セッション:10:00 ‒ 12:00

第2 セッション:13:00 ‒ 17:00

Vehicle Dynamics and Control 目次(抜粋)

第1 章:序論

 運転支援、交通渋滞緩和、排ガス浄化、燃費

第2 章:横方向車両力学

 レーン逸脱、レーン保持、ヨーレート制御

第3 章:自動レーン保持

 状態帰還制御、ナイキスト・ボーデ線図

第4 章:前後方向車両力学

 前後方向動力学、駆動系動力学

第5 章:前後方向車両制御

 クルーズ制御の上位制御・下位制御、ABS

第6 章:アダプティブ・クルーズ制御

 個別スタビリティ、ストリング・スタビリティ

第7 章:隊列走行(Platooning) 制御

 車間距離/ 車間時間制御、車速制御

第8 章:ESC/ESP 電子制御

各種形態、各種アルゴリズム

第9 章:ガソリン・エンジン制御 と

デイーゼル・エンジン制御

第10 章:パッシブ・サスペンション解析

第11 章:パッシブ・サスペンション制御解析

第12 章:セミアクティブ・サスペンション制御解析

第13・14 章:タイヤと路面

第15 章: ロール動力学と横転回避

第16 章: ハイブリッド車の動力学と制御

開催場所

 株式会社バーチャルメカニクス本社 セミナールーム   ※名古屋市営地下鉄桜通線 丸の内駅ホームより徒歩7 分

その他

・定員12 名 (最少開催人数3 名)

・通期でお申込みの場合、講座期間中の受講者の変更は認められません。

・著作権はバーチャルメカニクスに帰属しています。

・講座内容、配布資料の無断転用/ 複製はお断りしております。

・実務者向けの講座になっております。教育関係者、学生の参加はご遠慮ください。

・講座受講中の録音、録画はお断りしております。

   バーチャルメカニクスではビデオ録画、写真撮影を行う場合がございますので、予めご了承ください。

・内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

受講料

200,000円 / 1名様(税抜)

CarSim/TruckSim/BikeSim 保守ユーザー様特別価格:20 万円(税別/ 保守契約1ライセンス1 名様の適用)

一般参加価格:30 万円(税別)

 ※1 日のみの受講も受け付けております。

  1 講座(1 日) 保守ユーザー様特別価格:6 万円(税別)、一般参加価格:9 万円(税別)

 ※受講料に書籍「Vehicle Dynamics and Control」代金は含まれておりません。

  斡旋販売も承っております。販売価格:1 冊 24,000 円(税別)

 ※受講料に交通費、宿泊費、食事代は含まれておりません。

・通期で受講の場合、4 月中旬に請求書をお送りします。5 月末までに銀行振り込みにてお支払いください。

・1 日のみの受講の場合、受講日当日に請求書をお渡し致します。受講月の翌月末までに銀行振り込みにて

 お支払いください。振込手数料は受講者にてご負担ください。

キ ャンセルについて

・お申込み後、何らかの理由でキャンセルをお申し出された場合、下記の規定に基づいてキャンセル手数料

 が発生します。

・キャンセル手数料は、2019 年5 月31 日以降にキャンセルされた場合に発生します。

・キャンセル手数料として、受講していない分の講座料金の内20%をいただきます(表1 参照)。

・キャンセルの場合、税を含む返金額から銀行振り込み手数料を引いた金額をご返金します。

・規定は、講座受講の解約時にのみ適用されます。講座途中での欠席は、キャンセル規定が適用されず、受

 講料の返金を致しかねますので、予めご了承ください。

開催日程

  • 締切

    開催日:
    2019年07月18日(木) 10:00 ~ 17:00
    定員数:
    4人
    開催会場:
    名古屋・丸の内 サンエイビル8階 株式会社バーチャルメカニクス本社 セミナールーム
    住所:
    名古屋市中区丸の内1-10-19 [地図]

    序論( 第1 章)

    横方向車両動力学( 第2 章)

    レーンキーピング制御( 第3 章)

  • 締切

    開催日:
    2019年08月22日(木) 10:00 ~ 17:00
    定員数:
    3人
    開催会場:
    名古屋・丸の内 サンエイビル8階 株式会社バーチャルメカニクス本社 セミナールーム
    住所:
    名古屋市中区丸の内1-10-19 [地図]

    前後方向運動と制御( 第4 章)

    クルーズ制御( 第5 章)

    アダプティブ・クルーズ制御( 第6 章)

    隊列走行制御( 第7 章)

  • 締切

    開催日:
    2019年09月19日(木) 10:00 ~ 17:00
    定員数:
    3人
    開催会場:
    名古屋・丸の内 サンエイビル8階 株式会社バーチャルメカニクス本社 セミナールーム
    住所:
    名古屋市中区丸の内1-10-19 [地図]

    パッシブ・サス( 第10 章)

    アクティブ・サス制御( 第11 章)

    セミアクティブ・サス制御( 第12 章)

  • 締切

    開催日:
    2019年10月24日(木) 10:00 ~ 17:00
    定員数:
    3人
    開催会場:
    名古屋・丸の内 サンエイビル8階 株式会社バーチャルメカニクス本社 セミナールーム
    住所:
    名古屋市中区丸の内1-10-19 [地図]

    ABS( 第5 章)

    ESP/ESC 電子制御 ( 第8 章)

    横転防止制御 ( 第15 章)

ページトップへ